キャットフードの中身を探ろう

前へ
次へ

キャットフードの原材料(コーングルテン)

いろいろなキャットフードの成分表を見ていくと「コーングルテン」というものが含まれている製品があることに気が付きます。
このコーングルテンとは、いったいどのようなものなのでしょうか。

とうもろこしの「搾りかす」

スーパーの食品コーナーに行くと、コーンスターチという粉末が販売されています。
これはとうもろこしから採取したデンプンなのです。
このデンプンを採取する際に、皮などが搾りかすとして残ってしまいます。
この搾りかすこそがコーングルテンなのです。
コーングルテンには植物性のタンパク質が含まれているため、飼料として利用されています。
タンパク質は猫にとっても重要な栄養素なので、それを補うために配合されていると考えるかもしれませんが、事はそれほど単純ではないのです。

猫にとっては不要なもの

そもそも猫は完全肉食動物で、基本的に動物性のもの以外は食べません。
仮に食べたとしても腸が極めて短いため、植物由来の栄養素をうまく消化・吸収することができなくなっています。
コーングルテンにタンパク質が含まれていたとしても、猫がそれを消化・吸収できるかどうかとなると話は別です。
しかも、コーングルテンはとうもろこしの皮など人間にとっても消化しにくい部位なので、猫にとってはなおさらダメということになります。
つまり、コーングルテンは本来、猫にとっては不要なものだと言ってしまっていいでしょう。

なぜ配合されているの?

では、なぜそのようなものが配合されているのかというと、ぶっちゃけ「量を増やすため」です。
動物性の原料だけでキャットフードを作ると、どうしてもコストがかかってしまい、比較的高価な製品になってしまいます。
リーズナブルなことが売りのキャットフードを作るためには、コーングルテンなどで量を増やし、原材料のコストを抑えることが欠かせないというわけです。
コーングルテンは食べる猫のことを考えず、人間側の都合だけで配合されているのです。
成分表にこの文字を見かけたら質が悪いと判断し、購入を控えた方がいいかもしれませんね。

ページのトップへ戻る